宛名データ入稿

1. 宛名データの作成

ご入稿いただく宛名データはエクセルファイル、またはテキストファイル(CSV形式)でお願いします。
DMパックでは郵便料金を最大に割引できるよう基本作業として『カスタマーバーコード』、『郵便番号区分の仕分け作業』を行っております。作業は全てまるごとパックの料金に含まれておりますのでご安心下さい。

  • 個人用リストを作成する
  • 法人用リストを作成する

テンプレートをダウンロードし必要な項目を入力してください。

個人用テンプレートダウンロード(kojindm.xls)

  • 個人用リストの項目

    項目 説明 書式 必須
    管理コード お客様番号、管理コードなどをDMに印字したい場合。 文字列 AD1001
    郵便番号 7桁の郵便番号。先頭が0の郵便番号はセルの書式により桁数が足りなくなる場合があります。必ず間に”-”を付けてください。 文字列 812-0116 必須
    住所 住所は1項目に収めてください。 文字列 福岡県福岡市博多区博多駅南5-20-30 ○○ビル2F 必須
    氏名 お客様名 文字列 山田 太郎 必須
    敬称 敬称。無い場合は”様”になります。 文字列
  • 宛名印字イメージ

    宛名印字イメージ

    エクセル形式の場合、テンプレートを利用してください
    年賀状ソフトから宛名データを作成する場合テキスト、CSV形式で出力してください。
    【ご入稿後のチェック】
    ・重複データチェック
    ・不備データチェック

2. 宛名データのチェック項目

DMパックでは宛名データの重複チェック、文字化けチェック、改行チェックを実施しています。

  • データの重複(DMパックによるチェックあり)

    個人の場合

    住所、氏名が重複しているデータを抽出・除外します。

    住所、氏名が重複しているデータを抽出・除外します。

    法人の場合

    住所、会社名が重複しているデータまたは住所、会社名、担当者名が重複しているデータを抽出・除外します。

    住所、会社名が重複しているデータまたは住所、会社名、担当者名が重複しているデータを抽出・除外します。

  • 文字化け(DMパックによるチェックあり)

    外字や機種依存文字を利用している場合文字が化けることがあります。外字を利用されている際は外字ファイルをお送り下さい。
    インターネットのページからコピーした住所の中に含まれる”-”やMACでデータを作成した場合は文字化けする場合がございますのでご注意下さい。文字化けしたデータはエクセルファイルをテキスト形式で保存したあとで、メモ帳などのテキストエディタから確認することが出来ます。

  • データ内の改行(DMパックによるチェックあり)

    データ内の改行は削除させていただきます。

  • 空白(DMパックによるチェックあり)

    住所、氏名が空白のデータは削除します。郵便番号の無いデータはそのまま印字を行います。

    住所、氏名が空白のデータは削除します。郵便番号の無いデータはそのまま印字を行います。

  • メモ書き

    氏名、住所の末尾に記載されたメモ等はそのまま印字されますのでご注意下さい。

    氏名、住所の末尾に記載されたメモ等はそのまま印字されますのでご注意下さい。

  • 住所欄に番地しか入力されていない

    番地が日付に変わってしまう事があります、番地のみの入力を避けるか、書式設定を”文字列”に変更して下さい

    番地が日付に変わってしまう事があります、番地のみの入力を避けるか、書式設定を”文字列”に変更して下さい

宛名データ入稿後に上記不備等が見つかった場合、当社からご連絡をさせていただきます。

3. パスワードの設定

4. ファイル形式とファイル名称

  • 宛名データの入稿方法

    CSV形式のテキストファイルまたはエクセル形式(xls、xlsx)でご入稿下さい。

    ファイル名には会社名とデータ件数を入れて下さい。
    例)会社名がDMパックで1万件の宛名データを入稿する場合  → 「DMパック10000件.xls」

    複数種類の宛名データをご入稿頂く場合はファイルを分けて下さい。
    例)
    Aパターンで5800件の宛名データを入稿する場合  → 「DMパックA_5800件.xls」
    Bパターンで12000件の宛名データを入稿する場合  → 「DMパックB_12000件.xls」
    Cパターンで200件の宛名データを入稿する場合  → 「DMパックC_200件.xls」

5. 暗号化

アタッシェケースをインストールして、ファイルを暗号化します。
アタッシェケースは以下からダウンロードできます。
▼アタッシェケース
http://hibara.org/software/attachecase/

  • 宛名データをアタッシェケースにドラックします。

    宛名データをアタッシェケースにドラックします。

  • パスワードを設定します。

    パスワードを設定します。

  • 確認用にパスワードを再入力します。

    確認用にパスワードを再入力します。

  • 完成した暗号化ファイルを送信します。

    完成した暗号化ファイルを送信します。

6. 入稿

  • どこでもキャビネット からの入稿

    ▼宛名データのご入稿は大塚商会の「どこでもキャビネット」を利用します。ご注文確定後DMパックから「ファイル送信依頼」メールをお送りいたします。届いたメールの指示に従い7日以内に指定されたURLからご入稿ください。

    DMパックから2通のメールが届きます。
    メール本文のURLからファイルを暗号化またはパスワードを設定したファイルをアップロードして下さい。

7. 宛名の印字について

宛名の印字は以下の基本パターンで直接ハガキに印字を行う「ダイレクト印字方式」で行います。
その他掲載したい情報がございましたら、事前にお知らせ下さい。

宛名の印字について

お気軽にお電話下さい。