1. >
  2. コラム>
  3. はがき式ダイレクトメールの有効性

はがき式ダイレクトメールの有効性

ダイレクトメールの有用性



個人や企業がさまざまな商品やサービスを展開するとき、確かにそれが質の良い商品やサービスであっても、それを周知することができなければ顧客を得て利益を獲得することはできません。誰もその価値を知らなければ、買ってもらうことができないからです。そのためにさまざまな方法を用いて周知していく必要があるのですが、その方法の一つとして有効なのがダイレクトメールです。ダイレクトメールと言っても、インターネットを通じて行うメールではなく、いわばはがきとして郵送する郵便物のことを指します。メールやSNSが主流となっているこの世の中で、なぜ郵送でダイレクトメールを送ることにメリットがあるのでしょうか。

まずは、どのような人にも目に留めてもらうことができるという点が挙げられます。インターネットを通じたメールでの広告は確かに一度に大勢に送信することができますが、中にはネットを活用していない人もいますので、より多くの方に見てもらうためには郵便物の方が幅広い層の方に見てもらえると言えるでしょう。登録していないメールアドレスからのメールを拒否している方も少なくないため、インターネットを通じて行うメール式では自動的に見る前に機械に処理されてしまうということも少なくありません。郵送ならそのような心配が無くなります。

だからと言って、ただ郵送すれば良いという訳ではありません。郵送であっても、ポストに投函まではしたものの、受け取り側にとっては興味がない内容やそそられない内容だとすると、迷惑メールとして自動的に処理されるように開ける前にゴミ箱行きになってしまう可能性があるからです。

そこで求められるのが「工夫した送り方」です。いくつかの手法が考えられますが、工夫して郵送をすることでさらに多くの人の目に留めてもらうことができるようになります。そしてそれは、自社の商品やサービスをさらに多くの人に知ってもらい、顧客を獲得することに繋がります。上手く活用できれば、それは送付したその時だけでなく今後の利益へも繋がっていくことでしょう。



はがき式ダイレクトメールを活用



郵送で行う、いわゆるダイレクトメールの形式にはさまざまな形式があります。では、どのような形式があるのでしょうか。まずは一般的なはがき形式です。これは最も一般的な形式と言えるでしょう。圧着加工などの加工を何も施さずに、ただはがき面に印字して送付するタイプです。見ただけでどのような内容かがすぐに分かるという利点があります。

そのはがき形式を発展させた形と言えるのが、圧着はがきタイプです。これは一枚紙形式のタイプではなく、用紙を何回か折って全体が特殊なのりによって圧着されているタイプのものを指します。郵送物を送られてきた方が剥がす形式になっているので、どのような内容が書かれているかという点で他人がそれを見ることができません。そのため、大切な個人情報が記載されている場合などは特にこの形式が用いられることが多くあります。

ふちのり圧着形式は、圧着はがきタイプのように全体が貼り付いているわけではなく、ふちの部分だけを貼り付けたものを指します。この2つの圧着形式にもいくつかの形式があり、単純な二つ折りや三枚が交互に折り重なったタイプなどがあります。開かないと内容が分からないので、一見メリットは少ないように感じられるかもしれませんが、これには「どのような内容なのだろう」という関心を起こさせる力があります。本来、そもそも内容を見ずに捨ててしまうような受取人であっても、まずは中身を見てみようとする可能性が高くなります。



様々な形式を活用しよう



どのような郵便物を送付する場合であっても、いわゆるコストがかかります。一枚何円というように、一枚当たりのコストを考えて送付する形式を決定する必要があります。はがき式のダイレクトメールは、不特定多数の人に送付するような方法もありますが、基本的には周知させようとしている商品やサービスに関心がある人、または関心を持ってもらえそうな人に送付をするとより効果的です。当然誰に送付したかを把握することも大切ですが、誰がそこから商品やサービスを利用するようになったかという点が把握しやすく、やはりそこにもはがき式ダイレクトメールの利点があると言えるでしょう。

世の中には、非常に多くの商品やサービスがあふれています。その中で自社のものを周知してもらい、売り出していこうとなったときには、どのようにして多くの人に知ってもらうか、さらにそれを利用することによるメリットをどのようにして周知できるかという点がポイントになります。はがき式DMを上手に活用することができるなら、より多くの人に、それも関心を持っている人やこれから顧客となりそうな人に商品やサービスを周知することができるでしょう。

他のものと同じではなく、他のものとの特異性を出していくことは大切です。その商品やサービスをピンポイントで利用することのメリットを打ち出すことができるなら、それをメリットと感じている人を顧客として獲得できる可能性が高くなります。そのために、DMを工夫したかたちで有効活用していきましょう。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ