1. >
  2. コラム>
  3. ふちのり圧着が持つダイレクトメールとしての高い効果

ふちのり圧着が持つダイレクトメールとしての高い効果

多くの情報を載せることができるふちのり圧着



ハガキは日常生活の中で頻繁に家に届くものです。連絡はメールという人であっても、さまざまなことの連絡にハガキは使われています。ダイレクトメールもその一つであり、多くの企業が活用してきました。そのハガキの種類の一つに、ふちのり圧着のものがあります。

これはのりの部分を限定した方法で、折りたたんで貼りつけていく方法です。全面にのりをつけることなく貼りつける方法なので、剥がしても内容をきれいに見せることができます。一度剥がせば再接着はできないので、中身を確認されたりすれば、すぐに分かるというところがメリットと言えるでしょう。多くのメリットがあるため、最近ではよく使われるようになりましたが、低コストな特徴を持っていることも重要なポイントです。

ふちのり圧着を使うということは、多くの情報を伝えることができるのが特徴とも言えます。一般的なハガキは、表に送り先を書いて、裏に内容を書くことになります。当たり前と思うかもしれませんが、こうした形のまま、閉じることができるのですから、単純に2枚分のスペースを有するということに意味があります。それも、送り先を書くスペースも利用できることを考えると、3ページを使うことができるようになるのですから、効果は非常に大きくなるでしょう。

正確には、裏面には細かな情報は書き入れず、開封してもらうように誘導することになるため、情報量ということでは3倍弱ということにはなりますが、これでもかなりの情報を伝えることができます。何度も送れば嫌がられるダイレクトメールも、ふちのり圧着を使うことによって、確実に効果を挙げることが期待できます。



多くの情報を載せても低コスト



コストの面を考えていくと、ふちのり圧着はかなり有利であることが見えてきます。情報量を2倍から3倍にすると考えた時、本来では3回ハガキを使うことになります。単純比較ですが、1回で多くの情報を伝えることができるのですから、その費用は3分の1にならないにせよ、かなり抑えることができます。郵便コストも大幅に減らすことができるのは、回数が少なくなるだけではありません。

例えば、多くの情報を伝えるために封書を使ったとして比較しても、ふちのり圧着は重量が軽くなるため、通常のハガキ扱いで送ることができます。規定が存在しますが、その重さの範囲内に収めることができれば、扱いが通常のハガキとなります。郵便物として、宛先をバーコード化することもメリットがあり、ダイレクトメールのように一定以上で数多く扱うのであれば、割引もされるようになるのですから、メリットは大きいでしょう。

また封筒とは違って、中に入れたりする処理をしなくて済みます。つまり、入れ忘れなどのミスを防ぐことができるため、効率よく扱うことができるでしょう。こういったことに関わるコストも削減することができるということも重要です。広告を折って封筒に入れるだけでも時間がかかりますし、人件費も必要です。時間をかけることになるため、納期にもずれが出てくる可能性があります。何かトラブルが起きれば、大幅にずれることも出てくるため、せっかくのセールなどが失敗してしまうことにもつながる可能性があります。こういったことが、ふちのり圧着であれば発生しないのですから、大きなメリットであると言えるでしょう。



開封率が高くなる理由



ダイレクトメールでは、開封率ということが重要になってきます。効果を挙げるためには、読んでもらわなければいけないからです。その点でも、ふちのり圧着は有利な面を持っていることを忘れてはいけません。

人間の心理として、閉じてあるものは中身が気になります。多少興味のないことであっても、いったい何が書かれているのかを考えてしまうのが人間の心理です。雑誌の袋とじも同様ですが、閉じてあるからこそ、中身が気になり開けたいという衝動にかられます。ここが重要なポイントで、ふちのり圧着にすることで、興味をそそられるのですから、開封率が必然的に高まる要因をはじめから持っているといえるでしょう。

また、開ける手間が少ないということもメリットです。封筒は封を解いて中身を出さなければいけません。そこから広告を開き中身を見ることになります。たったこれだけですが、手間がかかることになるため、興味のない内容だろうと予測がついてしまうと開けたくなくなるのは、誰でも共通している心理でしょう。それが一瞬でできるふちのり圧着は、高い効果を発揮できる要素を持ち合わせているのです。

一度開けてしまえば、戻せないという心理も働きますし、常に新鮮な情報が待っているという期待感もあるでしょう。多くの情報を手軽に封入することができる方法だからこそ、ダイレクトメールにもってこいの方法といえます。ダイレクトメールには、まだまだ多くの可能性があります。飛び込みで営業をするより、経費も掛けず、手軽に宣伝もできるのが強みです。古い方法と思っている方も多いかもしれませんが、デジタルが主流の現代においては、アナログの長所を持っているこの方法は逆に新鮮で効果が期待できます。効果のある宣伝方法を模索している方は、低コストのメリットともにふちのり圧着で考えてみるのも選択肢の一つとして有効です。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ