1. >
  2. コラム>
  3. ふちのり圧着の魅力や使用用途について

ふちのり圧着の魅力や使用用途について

ふちのり圧着の使用用途について



ふちのり圧着といっても2つ折りや3つ折りといった様々な種類がありますが、色々な用途で使用されていると言われています。実際に使用用途について知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。ここではどんな使用用途があるのかについて解説します。まず1つ目の使用用途はダイレクトメールです。ふちのり圧着はダイレクトメールとの相性がいいと言われています。なぜ、ダイレクトメールとの相性がいいのかというと、高い開封率を持っているからです。ダイレクトメールというのはそもそも相手に読んでもらうことができなければ意味がないものです。開けさせることを第一に考えなければなりませんが、この難しい関門を潜り抜けることができるのがふちのり圧着です。基本的にハガキのように初めから全ての内容が分かるような形で送られては来ませんから、内容を読むことができないという点で、開きたい心理をくすぐることができます。こういったことからダイレクトメールとして使用されることが多いです。続いて2つ目の使用用途は親展通知です。

例えば顧客の個人情報や契約内容など、保護が必要な情報を送付するためにはふちのり圧着が活躍します。なぜ、選ばれるのかというと、圧着することによって中身を露出した状態で送ることがないからです。封書の場合は個人情報の記載された書類を違う宛名の封筒に入れ間違えてしまうというミスが起こりがちですが、こういったミスを未然に防ぐことが可能です。こういった面から親展通知などとして活用されることが多いです。このように、2つの使用用途について説明をしましたが、主にここで説明した2つの場面で使用されることが多く、企業などは大量に注文することがあります。多くの企業で使用されているアイテムなので、特にダイレクトメールや親展通知などを送る際には利用を検討してみるといいでしょう。



ふちのり圧着を選ぶメリットとは



ハガキの中でも圧着をするタイプは種類が多く、どれを選ぼうかと迷うこともありますが、その中でもふちのり圧着は人気が高いです。人気がある理由としてはいくつかの魅力があるからですが、どんな利点があるのかこれから注文しようと思っている人のためにも説明します。まず、1つ目は開封のしやすさです。例えば封書タイプに関してはのりや両面テープなどを使用して閉じますが、一度閉じると開けるまでに手間がかかり、手で開けるなら破る必要がありますし、ハサミなどを使用して開封している人もいます。重要な書類なら問題はありませんが、例えば宣伝などに関しては手間がかかるなら捨ててしまおうと思う方も多いです。しかし、ふちのり圧着なら破ることなく、ハサミを使用することもなく手で簡単に開封をすることが可能です。他にはない手軽さがあるので魅力的です。また2つ目はコストが安いことが魅力的な部分です。

例えば圧着と言ってもフィルムやニスなど様々な加工がされていますが、コスト的にはフィルムやニスはそれなりにかかってしまうので、コストを最優先している人には向いていない素材だと言われています。しかし、ふちのりに関してはフィルムやニスに比べるとコスト面に優れており、圧着の中でも一番安く購入することが可能です。お値打ち価格になるので、特にダイレクトメールなどで大量に注文をする場合には選択について考えるといいでしょう。また3つ目は納期の面でもメリットがあります。例えば封書タイプに関しては封筒や資料から様々なものを用意しなければなりません。手間がかかるので、納期までも時間がかかってしまうのが特徴的です。なるべく早く納品してもらいたいと思う方には不向きですが、ふちのり圧着なら納期も早く、大量に注文したとしても遅くなることはありません。特にダイレクトメールで早く宣伝をしたいと思っている人は利用者が多いと言われています。



ダイレクトメールはどこの業者に依頼する?



ダイレクトメールを送りたいと思っている企業は、専門業者に依頼をするところが多いですが、その中でもどこに依頼をしようか迷っている方もいるのではないでしょうか。ここではこれから依頼を検討している方のためにも依頼するポイントについて話します。まず、チェックしたいのが商品の種類です。例えばふちのり圧着以外にもハガキや定形封書、A4タイプの大きなハガキなど種類を豊富にそろえているところに依頼をした方が、会社に合うタイプを見つけられるので、なるべく依頼するときは色々な商品を用意している業者を見つけましょう。また、一括で頼めるかもポイントです。

例えば、印刷だけしか依頼できないという業者も存在しているので、この場合には郵送などは自分たちで行わなければなりません。手間がかかりますが、業者によっては郵送まで一括で依頼できるところもあるので、一括でまとめて依頼できるかどうかもチェックしておくといいでしょう。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ