DMパックのご利用ガイドです。ご利用の際にご確認ください。

ダイレクトメールのDMパックTOP

DM印刷、宛名印字、郵便料金、すべてDMパックにお任せください!

フリーダイヤル 0120-580-950 電話受付時間/平日9:00~19:00

サイト内検索

問合せ・見積り依頼はこちら

サイトマップ

  1. >
  2. コラム>
  3. ダイレクトメールにはどのような用途が存在しているのか

コラム

ダイレクトメールにはどのような用途が存在しているのか

ダイレクトメールとは


ダイレクトメールというのは、個人や法人に宛てて商品の案内をしたり、カタログを送付するという宣伝方法のことです。DMと略されることが多くなっています。今でもこのダイレクトメールという手法は多くの場所で用いられています。さまざまなパターンがあるのが特徴となっており、過去に利用したことのあるお店から届けられたり、あるいは入会しているサービス会社から届けられることもあるでしょう。ハガキやチラシが届けられるだけではなくて、大型封筒やパンフレット、雑誌といったものも送られてくることがあります。
こちらはダイレクトマーケティングの理論に基づいて実施されているのが特徴となっています。顧客と継続的に関係づくりを進めていく上で重要なものとなっています。レスポンスを獲得するためにさまざまな工夫が凝らされているのです。
通信販売においては最新のカタログがどんどん届けられている人が多くいるのではないでしょうか。それを見て興味を持った消費者が実際に購入するというケースは多くあります。ダイレクトメールというのは読まれたらすぐに捨てられてしまうようでは意味がありません。いつまでもそれを大事に持っておいてほしいと考えています。そのために簡単に捨てられないような魅力的なダイレクトメールづくりを企業は心がけており、さまざまな価値を持たせているのです。
ただし、まったく面識のない企業から送付されるケースもありますが、この場合はすぐに捨てられることが多いでしょう。したがって、このタイプは数が減っています。企業がきちんと顧客データベースを参照にして、効果的な宣伝手法として用いているのです。これからも有効な宣伝方法として多くの企業が採用していくものと考えられています。

ダイレクトメールの用途とは


それではダイレクトメールにはどのような用途が存在しているのでしょうか。まずターゲットとしている存在は大きく分けると3つあります。一つは既存顧客です。すでに取引をした実績のある顧客であり、新しいサービスや商品を告知するために利用されることが多いです。その顧客関係をこれからも維持していくことを目的としてダイレクトメールを送付するのです。次に見込み客です。まだ取引はしていないけれども、成約してくれそうな人に対してダイレクトメールを送ります。この場合はレターを用いることが多いでしょう。さまざまなサービスや商品の案内をします。そして、最後に潜在顧客です。将来的に取引をしてくれる可能性のある人たちに対して送付します。この場合はハガキや圧着ハガキが利用されることが多いです。
実際にダイレクトメールはさまざまな場面で利用されます。たとえば商品を購入してくれた方に対して感謝の言葉を伝えることを目的としたものがあります。それだけではなくて、一緒にクーポンを付けることによって2回目の購入を促すという工夫をしているのです。ターゲットが明確となっているため、購入率アップにつながりやすいです。
優良顧客に対して特別な優待特典をプレゼントするというケースもあります。その際にたとえばバースデー特典をつけるという工夫をすれば、顧客の誕生日を把握することができます。このようにして顧客の情報を集めるために利用されることもあるのです。
企業の売上を伸ばすことを目的としてさまざまな戦略を活用しながらダイレクトメールは利用されています。これからも多くの企業が活用するでしょう。

業者を利用する


どのような用途で利用するにしても、実際に大量のダイレクトメールを作成しなければいけません。これを自社内で行っているケースもあるのですが、外注するケースも多いです。ダイレクトメールの作成サービスというものを展開している企業が存在しています。そちらに注文することによって、まとまった量のダイレクトメールを作成してもらえます。
このようなサービスでは印刷をしてくれるだけではなくて、宛名の印字にも対応してくれます。デザインまで対応してくれるケースもあります。郵便料金もお得に設定していることが多く、安くて早いサービスとして好まれているのです。すべてが一つのパックとしてまとめられたサービスを用意しているところが多いです。投函まで対応してくれるため、どのようなデザインで誰に対して送るのかを決めてしまえば、あとはすべて業者に任せてしまうことが可能です。
いろいろなタイプのハガキに対応してくれるのが特徴となっています。圧着二つ折りやふちのり圧着、圧着Z折りといったものがあり、小ロット印刷にも対応してくれる業者があります。
業者を利用したいならば、ホームページをチェックすると良いでしょう。まずは見積もりを出してもらい、それに納得できるならば契約をします。必要なデータを送れば、すぐに作成してくれるでしょう。それによって企業の商品やサービス、イベント、キャンペーン情報などを多くの方に伝えることができるのです。デザインの制作を頼むこともできます。原稿やデジカメデータがあれば、そこからイラストレータがデザインデータを制作してくれます。

次の記事へ

  • 問合せ・見積もり依頼はこちら
  • 圧着はがきDM
  • ふちのり圧着DM
  • はがきDM
  • 小ロット印刷(POD)
  • 郵便料金

郵便料金

ご利用ガイド

アド印刷株式会社

アド印刷は福岡、東京、大阪の3つの拠点から全国のお客様をサポートしています。

会社概要