DMパックのご利用ガイドです。ご利用の際にご確認ください。

ダイレクトメールのDMパックTOP

DM印刷、宛名印字、郵便料金、すべてDMパックにお任せください!

フリーダイヤル 0120-580-950 電話受付時間/平日9:00~19:00

サイト内検索

問合せ・見積り依頼はこちら

サイトマップ

  1. >
  2. コラム>
  3. ダイレクトメールの豆知識や効果測定の方法について

コラム

ダイレクトメールの豆知識や効果測定の方法について

ダイレクトメールの効果測定の方法について


ダイレクトメールを送る際には効果測定という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、一般的に効果測定とは反響率のことを意味します。ダイレクトメールを送る際には特に重要なポイントとなりますが、具体的に効果測定の方法とは何が挙げられるのか分からない人も少なくありません。ポイントは一つだけではないので、ここでは一般的な方法についていくつか紹介します。
まず一つ目は口頭です。これは簡単に言うと電話や対面で何を見たのかを聞く方法です。口頭で効果測定をする際にはお客様の情報をしっかりと把握することが大切ですが、他の方法に比べても内容が簡単なので取りかかりやすくなります。続いて二つ目はアンケートです。例えば商品を購入する時や申し込みをする時に用紙などに購入のきっかけは何かなどアンケートを行う方法になります。集計をすることで効果測定を行うことができるので便利な方法です。実際に活用している企業や店舗も多く、様々なシーンで使われることがあります。続いて三つ目の方法ははがきやクーポンとの引き換えです。これはダイレクトメールにはがきやクーポンを入れて送り、お店などに持参をしてもらうことで割引やプレゼントがもらえるという効果測定になります。ハガキなどを活用して持参してもらえれば顧客情報もしっかりと把握することができるので集計もしやすいです。ダイレクトメールでは特にこの方法が多いので送ろうと思っている人はクーポンなども一緒に入れて送ると効果的です。
続いて四つ目はURLやQRコードを活用する方法です。近年では通販サイトなども増えており、実際に通販で購入するお客さんもたくさんいます。特に店舗ではなく通販だけでお店を開いているところは店舗に行くことができないのでクーポンやハガキを持参して割引をしてもらうことはできません。しかし、URLやQRコードならスマートフォンなどを活用すればすぐにアクセスをすることができます。アクセスをすることでアクセスログを残すことができ、手軽に効果測定を行うことができます。特に近年ではスマートフォンなどを使用する人が増えているのでURLやQRコードは活用されています。このように、効果測定の方法について説明しましたが、ダイレクトメールを送る時には効果測定が大切なので方法についてチェックしておきます。

ダイレクトメールの文字を目立たせる工夫について


これからダイレクトメールを活用するならできる限り多くの人たちに読んでもらいたいと思うの人は少なくありません。しかし、読んでもらっても内容を理解してもらえないなら意味がありません。特に重要なのが文字です。できる限り文字を目立たせた方が理解してもらえる確率が高くなるのでここでは文字を目立たせるためのポイントについて紹介します。
まず一つ目は写真を活用してその上に文字を入れる場合には色に気を付けることです。基本的に写真の上に文字を載せる場合は可読性を意識しなければなりません。基本的に選ぶ色はどんな写真ともコントラストを強調できる色を選ぶ必要がありますが、基本色としては白や黒、赤色です。これらの色はバランスも良く可読性を下げることはありません。可読性が低くなると内容を理解してもらえないため特に写真を活用し、その上に文字を載せる場合は色の選択に気を付けましょう。
また、二つ目は文字のフチや影などの加工をして文字を目立たせるようにすることです。フチ加工は何気なく行っている人もいますが、実は可読性や視認性を上げるために重要な方法です。また、文字にアンダーラインなどを入れるのも可読性や視認性を上げる定番の方法なので活用してみると良いです。
その他にも三つ目は文字の太さやスタイルを考えることです。文字には様々なスタイルや太さがあります。色々試してみて一番見やすいと感じる太さやスタイルに変えることが大切です。しかし、目立たせるために色々な書体を混ぜて使う人もいますが、これは逆に見えにくくなりますし統一感がなくなるので避けるようにしましょう。このように、文字を目立たせるためにもいろいろ工夫をした方が内容を理解してもらえる可能性は上がります。

人気の高いダイレクトメールについて


ダイレクトメールには使用されている媒体がたくさんあります。その中でもここ最近で活用されることが多い種類について紹介します。
まず使用されているのが一般的な圧着はがきです。機密情報などを記載しても中身が見えないので安心して送ることができます。また、通常のはがきよりも倍の内容を記載することができるのでより多くの情報を入れることができます。また、他にもA4タイプの圧着ダイレクトメールも人気が高いです。A4タイプはダイレクトメールに向いており、広々とした広告スペースがあります。写真も活用して伝えることができ、より詳しい情報を掲載することが可能です。
この二つのダイレクトメールは色々なシーンで活用されているので媒体で迷っている人は選ぶときの参考にするといいでしょう。

次の記事へ

  • 問合せ・見積もり依頼はこちら
  • 圧着はがきDM
  • ふちのり圧着DM
  • はがきDM
  • 小ロット印刷(POD)
  • 郵便料金

郵便料金

ご利用ガイド

アド印刷株式会社

アド印刷は福岡、東京、大阪の3つの拠点から全国のお客様をサポートしています。

会社概要