DMパックのご利用ガイドです。ご利用の際にご確認ください。

ダイレクトメールのDMパックTOP

DM印刷、宛名印字、郵便料金、すべてDMパックにお任せください!

フリーダイヤル 0120-580-950 電話受付時間/平日9:00~19:00

サイト内検索

問合せ・見積り依頼はこちら

サイトマップ

  1. >
  2. コラム>
  3. 圧着はがきとふちのり圧着はがきについて

コラム

圧着はがきとふちのり圧着はがきについて




圧着はがきとふちのり圧着はがきの違いについて



ダイレクトメールを制作しようと思った場合、近年では圧着タイプを選ぶ方が多いですが、圧着タイプは種類が豊富です。その中でも圧着はがきとふちのり圧着はがきの二つで迷っている人は多いです。迷った時に納得のできる方を選ぶためにも違いを知ることが大切なので、まずは圧着はがきとふちのり圧着はがきの違いについてお伝えしていきます。

まず圧着はがきから説明をしますが、そもそもどんなタイプかと言うと、用紙を複数回折り曲げて中面をニスで貼り付けたはがきのことを言います。特徴としてはニスを使用しているということです。ニスを使用することで一度剥がすと再び貼り付けることができません。再び貼り付けることができないと不便では?と感じる人もいるでしょう。しかし、再び貼り付けることができないことのメリットとして、第三者に開封されて、情報が見られてしまう可能性を無くせることがあります。圧着タイプはそもそも機密性の高い情報でも送ることができるメリットがあります。特にニスを使用しているタイプなら再び貼り付けることができないので防犯性に優れています。このような特徴があるので、特に受取人にだけ伝えたい情報を送る場合には適しているダイレクトメールのタイプです。

続いてふちのり圧着について説明しますが、ふちのりとはダイレクトメールの用紙を折りたたんでその後の貼り付け方法のことを言います。その名の通りふちのりを使用しているタイプです。ノリを使用していると剥がした時にくっついて内容も剥がれてしまい読みづらいのではないかと感じる人もいますが、実はノリ部分は全体ではなく、隅に使用されているので剥がしたとしてもキレイなのが特徴的です。また、ふちのり圧着はがきは最大でA4までのサイズに対応しているので、機密情報以外にも様々なダイレクトメールを送ることが可能です。

このように、違いについて説明しましたが、選ぶときは特徴について把握し目的に合う方を選ぶと失敗することはありません。迷っている人はそれぞれの特徴を見て用途に合う方を選ぶといいです。



郵送でダイレクトメールを送るメリットとは



これから圧着はがきなどを活用してダイレクトメールを制作したい方も多いでしょう。インターネット社会となっている今でもたくさんの人たちが郵送タイプのダイレクトメールを活用していますが、具体的に郵送タイプにはどのようなメリットがあるのかチェックしたい方のためにも紹介します。

まず郵送タイプは伝えたい相手に直接送れるというメリットがあります。例えばネット広告やテレビ広告などいろいろな宣伝方法はありますが、これらは本当に必要としている人以外もたくさん閲覧しています。情報を必要としている人がたくさん閲覧していればいいですが、あまり閲覧してくれないとなると効果は得られません。しかし、郵送タイプなら例えば今までに購入してくれた人に送ることもでき、興味のある人だけに送れるという特徴があります。効率よく効果を得られる可能性が高いのでインターネット社会の今でも活用されています。

また、料金が比較的安いのも特徴的です。ダイレクトメール以外の宣伝方法の中には数千万から億単位の広告費用が必要になる方法もあります。制作の仕方次第で料金の発生も異なりますが、ダイレクトメールなら1枚当たりの単価は安く抑えることができます。大量に制作してもそれほど高額にはならないので、安く効率よく宣伝をしたい場合はダイレクトメールを考えるのも方法の一つです。このように、郵送タイプのダイレクトメールについて話しましたが、特に商品やサービスの宣伝、地域の情報は郵送タイプが有利なので、目的に応じて郵送タイプのダイレクトメールを検討してみるとよいでしょう。



ダイレクトメール作成ポイント



ダイレクトメールを作成するならできる限り効果が出るような制作をしたいと考える人が多いはずです。実際に作り方次第で売り上げが変わったりすることもありますが、具体的にどんなポイントを考えて作成することが重要なのかをこれから作成を考える人のために話します。

まず圧着はがきなどで制作をする場合ですが、小さなタイプから大きなタイプまで様々です。例えば小さなタイプなら文字を小さくしてたくさん伝えるよりも、必要な情報だけを絞って作成をする方が読んでもらえる確率が上がります。大きなサイズの場合はイラストなども入れる余裕があるので、イラストを入れてより分かりやすく説明をした方が効果的だと言われています。

まずは読みやすさが重要なので、中身の内容は細かくこだわるといいです。また、型抜きでの制作も重要です。型抜きなどは業者によって変わりますが、中にはオプションで選択できる場合もあり、型抜きができればクーポンなどの取り付けも可能です。より読んでもらう確率を上げるためには型抜きなどのオプションも有効活用するとよいでしょう。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ

  • 問合せ・見積もり依頼はこちら
  • 圧着はがきDM
  • ふちのり圧着DM
  • はがきDM
  • 小ロット印刷(POD)
  • 郵便料金

郵便料金

ご利用ガイド

アド印刷株式会社

アド印刷は福岡、東京、大阪の3つの拠点から全国のお客様をサポートしています。

会社概要