1. >
  2. コラム>
  3. 大判・圧着タイプのDMのメリットなどをご紹介

大判・圧着タイプのDMのメリットなどをご紹介

この先DMを作成・発送したいと考えている方へ



現在、ちまたでは、さまざまな種類のダイレクトメールが使用されています。例えば、同じDMハガキであっても、通常のタイプから大判の圧着タイプに至るまで、多様なバリエーションがあります。その中でも、大判圧着ハガキには、通常ハガキにないメリットがあります。この先、大判圧着DMを使用するにあたっては、そのメリットをあらかじめ理解しておくこともポイントになります。

まず、通常のハガキと比較して、掲載できる内容が多いのは魅力的です。通常ハガキの場合、表と裏の2面に必要な情報を掲載しなければなりません。ただし、表の面には住所など、送り先の情報を記載する必要があるので、具体的な宣伝・広告の内容は、基本的に、裏面に掲載することとなります。このように、通常ハガキの1面だけに掲載することのできる情報量は、それなりに限定されたものとなってしまいます。

その一方で、圧着タイプのハガキは、数枚の紙面を貼り合わせることにより、通常ハガキと比較して、数倍の量の情報を掲載することが可能となります。また、大判の圧着DMであれば、さらに多くの情報を掲載することができます。

次に、圧着タイプのダイレクトメールは、人間の行動原理を利用した宣伝・広告媒体と言うこともできます。こちらは、通常のハガキと違って、内部に隠れている情報を見ることができない状態で手元に届きます。人間には、このように閉じていて見えないものを前にすると、開いて中を見たいと思う心理作用がはたらきます。こちらの心理を利用することで、掲載内容に興味・関心を持ってもらえる可能性が高いというメリットがあります。



大判・圧着タイプのダイレクトメールにはどのような利点がある?



ダイレクトメールの中でも、通常のハガキは、裏面が露出した状態で発送され、手元に届きます。そのため、郵送されるプロセスの中で、誰かに裏面の情報を見られてしまうリスクがあります。こちらのリスクを回避するためには、大判などの圧着ハガキを使用するのもおすすめの方法です。圧着タイプのDMは、開封しないと外部から中身を見ることができない仕様となっています。また、こちらのDMハガキに使用される専用の接着剤は、一度剥がされると元通りに貼り付けることができない性質をしています。このように、圧着タイプのダイレクトメールは、秘匿性が高いというメリットがあるので、プライバシーに気を配る必要のある情報を掲載する場合に、利用価値の高い宣伝・広告媒体となっています。

また、封書とは違って圧着ハガキは通常のハガキと同じ料金で郵送することができます。それでいて、先ほども述べたように、通常ハガキよりも多くの情報を掲載することができるというアドバンテージがあります。したがって、通常のハガキでは掲載可能な情報量に不満があるものの、封書の郵送料金は負担したくないという方にもおすすめの媒体と言えます。

DMの中でも、大判・圧着ハガキは、通常のハガキよりも掲載することのできる情報量が多いということと、人間の心理による開封率のアップが期待されることや、情報の秘匿性が高く、封書よりも郵送料金が安いなどのメリットがあります。このように、同じダイレクトメールでも、それぞれのタイプの特徴を把握し、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチした方法で活用することで、高い宣伝・広告成果を期待することができます。



情報の配置や、デザインにも気を配ることが大切



これからダイレクトメールを作成・発送するにあたっては、種類だけではなく、掲載する情報にも気を配ることが大切です。大判・圧着タイプのDMは、掲載可能な情報量が多いというメリットがありますが、いくら多くの情報を掲載しても、送った相手に、内容に興味・関心を持って、読んでもらうことができなければ意味がありません。

例えば、読み手の視線が動く方向を想定し、それに合わせて掲載する情報に工夫を凝らすこともポイントになります。大判・圧着タイプの場合、掲載する情報量が多くなるため、たくさんの内容を伝えることができる反面、情報の配置が悪いと、読みにくい印象を与えてしまうという問題もあります。こちらのリスクを回避するために、読み手の視線の動きに合った情報の配置を心掛けるのもおすすめの方法です。

また、日本は、四季の移り変わりが感じられるというメリットのある国です。こちらの利点を活かして、季節感のあるデザインをほどこしたダイレクトメールを送るのもおすすめの方法と言えます。例えば、春には桜の写真やイラストを掲載したり、薄紅色のカラーリングをほどこしたりすることで、季節感を演出し、開封率の向上を期待することが可能になります。これまでご紹介してきたように、媒体の種類や、掲載する情報の配置、ほどこすデザインなどに気を配ることで、DMの成果を高めることができるでしょう。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ