1. >
  2. コラム>
  3. 大判圧着ハガキを活用した販促活動について

大判圧着ハガキを活用した販促活動について


ダイレクトメールによる販促活動を行うにあたって



ビジネスシーンにおいて、マーケティング戦略を実行に移し、集客効果を得るためには、ダイレクトメールを活用するのも選択肢の一つです。そして、DMの中でも、利用者が多いと言われているのがハガキです。ひと口に「ハガキ」と言っても、通常のものから大判圧着タイプのものまで、その種類はバリエーションに富んでいます。それらの中でも、大判圧着ハガキのDMを使用して販促活動を行うにあたっては、期待されるメリットについて、あらかじめ理解を深めておくことが大切になります。

まず、通常のハガキと比較して、多くの情報を掲載することができるのは魅力的です。通常ハガキの場合、ハガキの両面が印刷可能な範囲ということになりますが、表面には、住所など宛先の情報を記載しなくてはいけません。そのため、宣伝広告は裏面のみに記載することになるのが基本です。

その一方で、圧着タイプのハガキは、専用の接着剤で紙面を貼り付けてあり、通常ハガキと比較して数倍の情報を掲載することが可能になります。また、大判のハガキであれば、通常ハガキよりも紙面のサイズが大きい分だけ、掲載することの可能な情報の量も多くなります。

次に、通常のハガキは、裏表の両面が露出していますが、圧着ハガキの場合、受け取った時点では、中に折り込まれた部分が見えない仕様となっています。このように、閉じて見えなくなっているものには、開いて見てみたいという人間心理がはたらくため、開封率のアップが期待されるというメリットもあります。



大判圧着ハガキを使用することで得られるメリット



ダイレクトメールの中でも、圧着ハガキには、秘匿性が高いというアドバンテージもあります。通常ハガキの場合、裏表が露出した状態で発送・投函されるため、配送のプロセスの中で、誰かに内容を見られてしまうリスクがあることは否めない事実です。その一方で、圧着ハガキは、紙面が折り込まれ、専用の接着剤で貼り付けられているため、配送中に外部から中身を見ることはできません。

また、こちらの接着剤は、いったん剥がすと元通りに貼り付けることのできない性質のものが使用されています。したがって、プライバシーに対する配慮が必要な情報などを掲載する場合には、圧着ハガキを使用するのもおすすめの方法ということになります。

そして、圧着タイプのハガキには、コストの面でもアドバンテージがあります。先ほども述べたように、通常のハガキよりも多くの情報を掲載することができるという利点がありながらも、郵便料金は、通常ハガキと同一の金額を負担するだけで済みます。そのため、通常のハガキでは掲載可能な情報の量が不足し、封書などを使用した場合と比較すると、コストを低く抑えることができるという魅力があります。

これまで紹介してきたように、大判圧着ハガキには、通常ハガキや封書にはないさまざまなメリットが存在します。それらの利点を活かすことで、販促活動を成功へ導くことが期待できます。



掲載するコンテンツや、利用する業者の選定方法にも気を配ろう



次に、大判圧着ハガキを活用した集客活動を成功させるためには、掲載する宣伝広告の内容にも気を配ることが大切です。こちらのダイレクトメールの利点を活かし、多くの情報を掲載したDMを作成し発送して、心理的効果によって受け手に開封されたとしても、肝心の宣伝広告に魅力が感じられなければ、内容をチェックしてもらうことはできません。そのような場合に、開封してもすぐに興味や関心がなくなり、ゴミ箱に捨てられると、せっかくの努力が無駄になってしまうので、注意を払いたいところです。

読み手の興味や関心を惹きつけ、内容に最後まで目を通してもらうためには、読む人の視線の動きに合わせて情報を配置することがポイントになります。大判圧着ハガキの場合、掲載可能な情報量が多いというのは利点である反面、情報を不適切に配置すると、かえって乱雑な印象を与え、読みにくくなってしまうので、気をつける必要があります。

また、DMを送るシーズンに合わせて、季節感を演出するというのもおすすめの方法です。こちらは、四季の移り変わりが感じられるという日本の特色を活かしたマーケティングの手法です。例えば、春であれば桜をイメージし、ピンク色を使用するなど、少しの工夫を凝らすだけでも、開封率の向上を期待することができます。

そして、DMを活用した集客活動を行うにあたっては、利用する業者の選び方もチェックすべきポイントになります。DMの作成代行業務を手掛ける会社は、世の中に数多く存在するので、それぞれの特徴を把握したうえで、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合ったところを選ぶことが大切です。例えば、料金設定や、対応可能なサービスの内容について、複数の業者を比較・検討してから利用するところを決めると良いでしょう。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ