1. >
  2. コラム>
  3. A4圧着DMを使用するメリットと実際の活用シーン

A4圧着DMを使用するメリットと実際の活用シーン




ダイレクトメールによって集客活動を行おうと考えている方へ



この先、ダイレクトメールを活用した集客活動を行うのであれば、利用する業者の選び方にも気を配ることが大事です。例えば、同じクオリティーのサービスが提供されるのであれば、負担することになる費用は少ないに越したことがありません。コストを低く抑えるためには、DMの印刷からあて名の印字、投函に至るまで、オールインワンのサービスを提供している業者を利用するのも良いでしょう。

こうしたワンストップサービスでは、外部の業者に発注するのとは違って、中間マージンが発生しません。そのため、浮いた分のコストでサービス料金を低価格化し、消費者に還元することができるというメリットがあります。また、完全なデータを入稿するほかに、印刷データの製作も行ってくれる業者であれば、初心者でも安心感を持って利用することができます。

ひと口にダイレクトメールと言っても、いろいろなタイプの商品がラインアップされています。例えば、ハガキの中にも、通常のものから、A4圧着などの大判圧着ハガキまで、さまざまなバリエーションがあります。DMハガキの中でも、大判圧着タイプのものには、掲載することのできる情報の量が多いというアドバンテージがあります。

通常のハガキであれば、表には住所など、宛先の情報を記載する必要があるため、広告の内容は裏面だけに掲載するのが基本となります。その一方で、圧着ハガキの場合、複数の紙面を専用の接着剤で貼り合わせる仕様となっています。そのため、通常のハガキと比較して、数倍の情報を掲載することが可能となります。また、大判のハガキであれば、紙面のサイズが大きい分だけ、掲載可能な情報の量はさらに多くなります。



大判圧着タイプのダイレクトメールを使用することで得られるメリットは?



A4圧着など、大判圧着タイプのDMハガキには、通常のDMハガキにはないさまざまなメリットがあります。例えば、圧着ハガキの場合、相手の手元に届いた段階では、専用の接着剤で内部の紙面が貼り合わされ、外から見えない状態になっています。人間には、そのように、中身が見えないものがあると、開いて中を覗いてみたいという心理がはたらきます。こちらの人間心理をくすぐって、開封率の向上を期待することができるのも、圧着DMのアドバンテージです。

次に、圧着タイプのダイレクトメールには、秘匿性が高いという利点もあります。通常のハガキであれば、全ての紙面が露出した状態で投函・発送されることとなります。そのため、DMが発送されてから手元へ届くまでの間に、発送元の業者と自分以外の人物に、内容を見られてしまうリスクがあることは否めない事実です。その一方で、圧着DMの場合、内部の紙面が貼り合わされ、外から見えない仕様となっています。また、圧着DMに使用される接着剤は、一度?がされると、元通りに貼り合わせることができません。そのため、仮に第3者が?がしたとしても、それが分かるようになっているので、プライバシーに配慮する必要のある送付物には適した仕様と言えます。

DMにもさまざまな種類がありますが、中でも、圧着タイプのものは、コストパフォーマンスに優れているというメリットもあります。例えば、圧着ハガキの場合、内部に複数枚の紙面が貼り合わされた仕様となっており、通常のハガキの数倍の情報を掲載することができます。それでいて、通常のハガキと同じ料金で郵送することができるため、コストパフォーマンスの良い商品となっています。



DMに情報を掲載する際のチェックポイント



これから、A4圧着タイプなどのダイレクトメールを活用して集客活動を行うにあたっては、DMの種類の他に、掲載内容にも気を配ることが大切です。例えば、DMの紙面に掲載する情報は、読み手の視線の動きに合わせて配置することがポイントになります。

圧着タイプのDMでは、掲載可能な情報量が多くなるというメリットがありますが、情報が多い分だけ、配置が悪いと読みにくい印象を与えてしまうので、注意する必要があります。また、季節感を演出するのも、相手の興味・関心を惹きつけるためにはおすすめの方法です。例えば、それぞれの季節にマッチした色を使用するなど、ちょっとした工夫を凝らすだけでも、開封率のアップを期待することができます。

続いて、これからダイレクトメールを作成しようという場面では、利用する業者の選び方もチェックポイントになります。世の中には、DMの作成を手掛ける業者も数多く存在するので、それぞれの特徴を把握した上で、希望条件に合ったところを選びましょう。例えば、同じ種類のDMでも、利用する業者によって、サービス料金には違いがあります。また、印刷から発送に至るまで、ワンストップサービスを提供してくれる業者は、利用する際の負担が軽くて済むというアドバンテージが存在します。

圧着ハガキDMについて
ふちのり圧着DMについて
はがきDMについて
小ロット印刷について

次の記事へ